インプット・アウトプットってなんなのさ?

社労士に限らず、資格の勉強を始めようとサイトや資料に目を通していると、業界独特の言葉に触れることがあります。

インプット、アウトプット、カリキュラム、メソッド、レジュメなどなど。

このうち、インプット、アウトプットの意味は次の通りになります。

インプットとは、知識を頭に入れること。要は「覚える」こと。
手段は、講義を聞いたり、テキストを読んだりすることです。

アウトプットとは、インプットと覚えた知識を「思い出す」こと。
手段は、問題を解いたりすることです。

資格試験においては、このインプット、アウトプットのバランス加減が大事といわれています。

社労士試験においてはどうでしょうか。

インプットの時間はできるだけ短く→その分アウトプットにまわす
社会保険労務士試験の合格を目指す皆様こんにちは。 社労士試験の勉強を年明けからはじめて合格するための5つのポイントをご紹介します。 これ...