【社労士試験】忘れないための復習のタイミング【忘却との戦い】

みなさん、こんにちは。

社労士試験は忘却との戦いであるといわれています。

学習のし始めは覚えている量も少ないし、労働基準法なので感覚で問題を解けるし、そんなに気になりません。

しかし、中盤に入ってくると、覚えなければいけない情報を増えてきて、かつ、雇用保険や社会保険に入ってくると、数字系も激増していきます。

そうすると、以前勉強した科目の記憶が薄らいできて、「あの勉強は無意味だったのかと」と気力が萎えます。

結果、今やっている科目への集中力も鈍り、徐々に勉強から離脱していくのです。

この忘却との戦いを制するものが、社労士試験を制します。

いかに忘却を防ぐか、その一つの方法が”復習のタイミング”です。

一度勉強したことも放置期間が長いと、ほとんど忘れてしまいます。

ポイントは、「短間隔×多頻度」です。

詳しくはこちらから。

【社労士試験】復習のタイミング【勉強法】
社労士独学合格を目指す皆様、こんにちは。 ↓独学合格をご検討の方はまたはコチラからどうぞ↓ 今回は、勉強を進める上での効率的な記憶の...