【社労士】模擬試験の結果に一憂しなくてよい3つの理由【模擬試験2018】

社会保険労務士試験受験生の皆さん、こんにちは。

各スクールの最終模試の結果がではじめて、その結果に一喜一憂してしまう時期になっています。

模擬試験の択一式で高得点を取っている方は、本試験の択一式も十分合格レベルにあると思います。残り1ヶ月と少し、択一式の力をキープしながら、選択式の勉強を進めていきましょう。
基本的な選択式対策としては次の3つになります。詳しくは別に機会にまとめます。
・目的条文対策
・労働統計対策
・白書対策

一方で、模擬試験の択一式で思うような得点を取ることができなかった場合です。
今年の合格は難しいかも、、、」という不安な気持ちになるのは自然なことです。しかし、その結果に一憂する必要はありません。
確かに模試は悪かった。だが自分は受かる」と信じましょう。
スクールの模試に惑わされず基本を固めた者大逆転のドラマを造り出します。大逆転の人生ドラマを自分自身で生み出すのです。

さて、精神論になりすぎるのもアレなので、模試の結果に一憂しなくてもよい3つの理由をあげていきます。

【社労士】模擬試験の結果に一憂しなくてよい3つの理由【模擬試験】
社会保険労務士試験受験生の皆さん、こんにちは。 各スクールの最終模試の結果がではじめて、その結果に一喜一憂してしまう時期になっています...