【社労士】ニ肢に絞った後の正解率を高める方法【直前期2018】

社会保険労務士試験合格を目指す皆様、こんにちは。

この時期、模擬試験など五肢択一で問題を解く機会が増えます。その際に多くの受験生にとって悩みのタネになるのが「ニ肢に絞った後の正解率をいかに高める」かです。

根本的な対策は、反復練習で既存の知識の精度を高めるということになります。
模擬試験などでニ肢に絞った後に間違えた問題は精度がイマイチということです。「本番前に見つかってよかった」と考えて、重点的な復習項目としましょう。

その上で、ニ肢に絞った後の正解率を高めるテクニックをご紹介します。

【社労士】ニ肢に絞った後の正解率を高める方法【直前期】
社会保険労務士試験合格を目指す皆様、こんにちは。 この時期、模擬試験など五肢択一で問題を解く機会が増えます。その際に多くの受験生にとっ...