社労士試験 平成28年 選択社一 救済ならず その試験委員は・・

その他社労士試験のこと

この記事が資格ブログ(サイト数7,723)カテゴリー-注目記事ランキングで1位を獲得しました!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3_2016_11_21_05_35_05_628

本年8月1日に立ち上げたこのサイトですが、立ち上げ当初からご覧頂いている方、本試験後や発表後からご覧頂いている方、今日初めてご覧頂いた方、すべての方々に感謝申し上げます。

さて、記事の本編です。

社会保険労務士試験を受験された皆様、こんにちは。

社労士試験 平成28年(2016年)の合格発表が11月11日(金)があり、試験の概況が次の通り公表されています。

平成28年の合格者数、合格率、合格基準点

●合格者数1,770

●合格率→受験者39,972人で4.4(過去2番目に低い

●択一合格基準点&救済科目42点以上(常識厚年国年点以上

●選択合格基準点&救済科目→23点以上(労一健保点以上

合格者数、合格率をみても非常に厳しい試験であったといえるでしょう。

平成28年(2016年)の社労士試験合格発表の総まとめ【みんな観てる!】

その理由との一つとして、択一上位層の方でも2点をとっている方が多かった社会保険一般常識に救済が入らなかったことが挙げられます。

社一2点の方の人数は10,133名です。このうち択一42点以上の割合は分かりませんが、仮に救済が入れば数百人単位で合格者数は増えたものと思われます。

今回は、平成28年の社一の得点データの分析平成29年に向けての対策をまとめています。

【得点状況】選択式 社会保険一般常識の分析

次の表は、当サイトで10月2日に紹介した社一の救済予想のデータに、今回公表された本試験の得点データを追加したものです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3_2016_11_19_16_34_10_645

管理者の推測としては、平均点の全体データは2.7点台前後になると推測しました。

受験者全体ボリュームゾーンは、TACが4点ですから、3点に落ち着くと思われ、得点分布の推測値は、2点以下割合50%以上1点以下割合30%以上をいずれも満たさいと予測しました。

結果、本試験の全体データもほぼ予想通りの平均点、分布となっています。ただ、推測値よりも2点の割合が多く、これが厳しい合格率の一因になったと思われます。

問題の内容的には、次のように分析しました。

●AB→ドイツや健保大正11年については世界史や近代史での学習経験で無勉層がそれなりに得点できる可能性がある。スクール層はAイギリスに行きがち。
●C→児童手当は、スクール層が問題文中の「~限る。」が気になって、深読み失点した可能性あり。一方、無勉層では、実際に児童手当を受給しているお父さん、お母さんが「ウチのたかしは中学生だけど、手当ついているよな~」という実体験で得点できる可能性あり。

以上、問題の内容的には無勉層でもABCの3空欄で2点得点することはそれほど困難でもないという予想です。

健保に比べると社一の救済待ちの方は多いと思うので、どうにか救済が発動してもらいたいと思いましたが、やはり健保には救済が入って、社一には入らずという結果になりました。

今回の社一は、久しぶりに社会保険の沿革系の問題が出題されましたが、この傾向は続くのでしょうか。

試験委員の面から分析してみましょう。

社一ドイツは森田 慎二郎教授?

おそらく今回の選択社一は2、3名で分担して作問していると思いますが、このうち沿革系のABについては森田慎二郎教授によるものと思われます。

森田慎二郎
東北文化学園大学 医療福祉学部 保健福祉学科。担当は社会保険科目。専門分野は社会保障論。社会保険労務士総合研究機構の企画委員も務める。平成27年から社会保険労務士試験の試験委員に選任。

他の試験委員についての考察はコチラから

過去の文献などをみると、沿革についての執筆も多く、今後も同系統の出題は十分可能性があると思われます。

いわゆる歴史年表についての確認が必要となるでしょう。

今年、択一の合格ラインにのった方へ

以前の記事でご紹介したとおり、来年は択一式は突破しやすくなると予測しておりますので、今年択一の合格ラインにのった方は、今年ほどの勉強をしなくても、来年も択一の合格ラインにのれる可能性が高いです。

色々ご事情はあるかと思いますが、ここまできて諦めるのはもったいないことですので、完全撤退ではなく、無理なくできる範囲内でダメ元でぜひチャレンジして頂きたいと思います

5月から再開とかでもいけると思いますよ。

この試験、お力のある方がダメ元の心境で望むとよい結果がでることが多い不思議な試験でございまして、、、

平成28年社労士試験の得点状況の全科目について知りたい方はコチラからどうぞ【みんな見てる!】

社労士試験 難易度、合格率、択一式合格基準点の推移、選択式救済科目、平均点、得点分布の総まとめ
社労士試験の難易度、合格率、択一式合格基準点、選択式救済科目の総まとめです。選択式、択一式の補正基準や平均点、得点分布についても紹介しています。

選択式の他の科目の分析についてはコチラからどうぞ

社労士試験 平成28年 選択国年が示唆する基本と応用への両備えの必要性
平成28年(2016年)の社会保険労務士試験の科目得点状況表の分析です。今回は選択式国年の分析と2017年の動向を予測します。
社労士試験 平成28年 選択労一が救済。だがしかし、来年も運ゲーなのか?
平成28年(2016年)の社会保険労務士試験の科目得点状況表の分析です。今回は選択式労一の分析と2017年の動向を予測します。
社労士試験 平成28年 選択雇用はなぜ救済されなかったのか?
平成28年(2016年)の社会保険労務士試験の科目得点状況表の分析です。今回は選択式雇用保険に救済が入らなかった理由について分析します。
社労士試験 平成28年 選択厚年 救済ラインに0.3%届かず
平成28年(2016年)の社会保険労務士試験の科目得点状況表の分析です。今回は選択式厚年に救済が入らなかった理由について分析します。
社労士試験 平成28年 選択健保救済。圧倒的ではないか、無勉層の破壊力は
平成28年(2016年)の社会保険労務士試験の科目得点状況表の分析です。今回は選択式社一の分析と2017年の動向を予測します。

択一式の総合得点の分析についてはコチラからどうぞ

社労士試験 平成28年 択一式42点。ゆえに来年は易しくなる?理由とは-その1
平成28年(2016年)の社会保険労務士試験の科目得点状況表の分析です。今回は択一式の合格基準点について検証し、平成29年(2017年)の難易度について推測します。

 

↓社労士試験に役立つ情報はコチラからもどうぞ↓

タイトルとURLをコピーしました