社労士試験 平成29年(2017年) 合格ライン&救済予想まとめ②平均点

社会保険労務士試験の受験生の方、こんにちは。

本試験終了から1週間たち、各スクールの平均点も落ち着き始めております。
今後、TAC、大原、ユーキャンなどを中心にまとめていきます。

各スクールの平均点の特性

スクールごとに「層」の違いがあります。
各スクールのデータをみて、合格ライン予想をする際はその辺の考慮が必要です。

TAC・大原→平均点は主に択一式高得点層(=スクール層)のデータになり、受験者全体より高めに出る傾向があります。

ユーキャン→平均点は主に択一式低得点層(=無勉層)のデータになり、スクール層のデータより低めに出る傾向があります。

受験者全体の中では無勉層が圧倒的多数を占めますので、ユーキャンデータが実際の受験生全体の平均点に最も近いといわれています。

【選択式】平均点まとめ

TACとユーキャン、そして、本試験のデータです。平成28年の赤字の科目労一・健保)が補正科目です。

ダントツで低い平均点の科目はなく、低い順に健保、労一となっています。

TAC平均点による救済の可能性はざっくりとした目安では、次の通りとなります。
■3点台後半以上→救済なし
3点台前半→救済の可能性は低い
2点台後半→救済の可能性がある(だだし無勉層次第)
2点台前半→救済の可能性が高い

ただし、平均点は予想する上での目安でしかなく、救済が発動するかどうかは得点分布のルール1点以下30%以上、2点以下50%以上」に該当するかにかかっています。

極論すれば、受験生全員がみんな2点とって平均2.0点→救済なしということです。

救済ルールについて詳しくはコチラから

【選択式】空欄別の正解率まとめ(TAC)

空欄別にみて正解率50%を切っている問題は難問、ということで赤字にしています。

空欄別の正答率をみると、健保は、AとDで2点取るのは至難の技でしょう。
BEで確実に得点し、Cを取れたかどうかが3点確保の別れ目になったと思われます。

労一はBDEで3点確保したいところです。

各科目の救済の可能性は、今後触れていきます。

【択一式】平均点まとめ

TACでは44点弱で、去年よりも4.6点上がっています
またユーキャンも去年よりも5.9点上がっています。なお、ユーキャンの平均点は、今年の予想動画ですと30.8点でしたが、自分の手元にある昨年のユーキャン資料(診断結果報告書)では32.0でしたので、そっちでグラフを作っています。

平成28年 ユーキャン診断結果報告書

平均点が上がった要因は、やはり個数問題の減少(7問→3問)でしょうね。

そして、択一式の合格基準点は、受験者全体の平均点に連動することになっています。

基準点変動について詳しくはコチラから

今回のまとめ

■TACのデータは高めに、ユーキャンは低めにでる

■選択は、難しい順に、健保>労一

■択一は、昨年より得点が取りやすかった模様

次回は資格の大原の予想についてまとめます。

社労士試験 平成29年(2017年) 合格ライン&救済予想まとめ③大原予想
社会保険労務士試験の受験生の方、こんにちは。 過去の合格率や合格基準点の推移、平均点、得点分布のまとめはコチラからどうぞ。 ...

↓社労士試験に役立つ情報はコチラからもどうぞ↓

↓社労士試験に働きながら短期間&短時間で合格するための6つのポイントはコチラから↓

社労士試験に働きながら短期間&短時間で一発合格するための6つのポイント
社会保険労務士試験の合格を目指す皆様こんにちは。 今回から、社会人の方が働きながら短期間&短時間で一発合格するための勉強方法の6つのポ...

↓社労士試験に独学で合格するための5つのポイントはコチラから↓

社労士試験に独学で合格するための5つのポイント
社会保険労務士試験で独学合格を目指す皆さん、こんにちは。 今回は独学で合格を目指す上での勉強方法やオススメのテキスト、問題集、スケジュ...