平成29年 社労士試験の公示前にやっておくべきこと

社労士試験合格を目指す皆様、こんにちは。

4月に入り社労士試験の公示が迫ってきました。本日7日に公示の可能性もありましたが、本日はなかったので、来週14日(金)に公示がありそうです。

例年のスケジュールですと、今年は次の通りになると予想しています。
●願書受付→4月14日以降
●願書締切→5月31日(水)
●本試験日→8月27日(日)
●合格発表日→11月10日(金)

他、試験時間試験順番についても気になるところですが、昨年変わったばかりですので、おそらく変更はないでしょう

ただ、試験会場については変更する可能性はありますので、要チェックです。
東京の日大など人気の試験会場は先着順で埋まっていきますので、試験会場にこだわりがある方は、願書配布と同時に申し込みができるように、必要書類を揃えておきましょうね。

試験会場選びのポイントはこちらから

昨年受験された方は結果通知書を探しておきましょう。
一方で初めて受験される方は受験資格の証明として大学の卒業証書の写しなどが必要です。手元に卒業証書がない場合は、母校での卒業証明書の発行が必要となりますから、準備を進めておきましょう。

以上、社労士試験の公示前にやっておくべきことでした。

24時間で社労士に。

↓短期間&短時間で合格するための6つのポイントはコチラから↓

社労士試験に働きながら短期間&短時間で一発合格するための6つのポイント
社会保険労務士試験の合格を目指す皆様こんにちは。 今回から、社会人の方が働きながら短期間&短時間で一発合格するための勉強方法の6つのポ...

↓独学で合格するための5つのポイントはコチラから↓

社労士試験に独学で合格するための5つのポイント
社会保険労務士試験で独学合格を目指す皆さん、こんにちは。 今回は独学で合格を目指す上での勉強方法やオススメのテキスト、問題集、スケジュ...

↓社労士試験に役立つ情報はコチラからもどうぞ↓