社労士試験 平成28年 選択国年が示唆する基本と応用への両備えの必要性

社会保険労務士試験を受験された皆様、こんにちは。

社労士試験 平成28年(2016年)の合格発表が11月11日(金)があり、試験の概況が次の通り公表されています。

平成28年の合格者数、合格率、合格基準点

●合格者数1,770

●合格率→受験者39,972人で4.4(過去2番目に低い

●択一合格基準点&救済科目42点以上(常識厚年国年点以上

●選択合格基準点&救済科目→23点以上(労一健保点以上

合格者数、合格率をみても非常に厳しい試験であったといえるでしょう。

平成28年(2016年)の社労士試験合格発表の総まとめ【みんな観てる!】

選択式の救済科目を見ると、事前の予想では救済科目の一候補に挙げられていた国年に救済は入りませんでした。

今回の国民年金の問題構成を見ると、今後、社労士試験対策に求められるものが示唆されているような気がします。

今回は、無勉層の検証を絡めて平成28年の国年の得点データの分析と平成29年に向けた対策をまとめています。

【得点状況】選択式 国民年金法の分析

今回の国民年金法は、ABと基本中の基本の目的条文で、CDEが細かい数字&法改正に関する問題です。

択一上位層においてはいずれも楽勝問題でしたが、「数字&法改正」に弱い無勉層にとっては、CDEはお約束の壊滅状態でした。

とはいっても、ABは日本語で取れる問題のため無勉層でも2点は取れます。結果、健保のように5空欄全滅というところまではいかずに、全体データの爆下げ現象は生じませんでした。

次の表は、当サイトで9月27日に紹介した国年の救済予想のデータに、今回公表された本試験の得点データを追加したものです。

%e5%9b%bd%e5%b9%b4

管理者の推測としては、平均点は2.65点、受験者全体のボリュームゾーンは2点で、救済ラインである2点以下割合50%以上はクリアするが、1点以下割合30%はクリアしないと推測しました。

結果、本試験の全体データもほぼ予想通りになりました。

救済こそ入りませんでしたが、2点以下の割合を見ると50.9%となっており、やはり受験者全体の半数近くは無勉層であることが分かります。

基本と応用、過去問と未出題への両備え

今回の国民年金の問題は、基本的な内容未出題論点(法改正)の組合せ問題です。

国民年金に限らず、社労士試験全体において、偏りがでないように、基本と応用、過去問と未出題への両方に備える対策が必要となるでしょう。

今年、目的条文が出題されたので、基本的な内容ばかり勉強すると、細かい数字で足下をすくわれる可能性もありますし、その逆も同様のことです。

平成28年社労士試験の得点状況の全科目について知りたい方はコチラからどうぞ【みんな見てる!】

社労士試験 難易度、合格率、択一式合格基準点の推移、選択式救済科目、平均点、得点分布の総まとめ
社会保険労務士試験の受験生の皆さん、こんにちは。 社労士試験 平成29年(2017年)の合格発表が11月10日(金)にありました。合格...

選択式の各科目の分析についてはコチラからどうぞ

社労士試験 平成28年 選択労一が救済。だがしかし、来年も運ゲーなのか?
この記事が資格ブログ(サイト数7,723)カテゴリーで、注目記事ランキングで1位を獲得しました! 2016年8月1日に立ち上げ...
社労士試験 平成28年 選択健保救済。圧倒的ではないか、無勉層の破壊力は
社会保険労務士試験を受験された皆様、こんにちは。 社労士試験 平成28年(2016年)の合格発表が11月11日(金)があり、試験の概況...
社労士試験 平成28年 選択社一 救済ならず その試験委員は・・
この記事が資格ブログ(サイト数7,723)カテゴリー-注目記事ランキングで1位を獲得しました! 本年8月1日に立ち上げたこのサ...
社労士試験 平成28年 選択雇用はなぜ救済されなかったのか?
社会保険労務士試験を受験された皆様、こんにちは。 社労士試験 平成28年(2016年)の合格発表が11月11日(金)があり、試験の概況...
社労士試験 平成28年 選択厚年 救済ラインに0.3%届かず
社会保険労務士試験を受験された皆様、こんにちは。 社労士試験 平成28年(2016年)の合格発表が11月11日(金)があり、試験の概況...

択一式の総合得点の分析についてはコチラからどうぞ

社労士試験 平成28年 択一式42点。ゆえに来年は易しくなる?理由とは-その1
社会保険労務士試験を受験された皆様、こんにちは。 社労士試験 平成28年(2016年)の合格発表が11月11日(金)があり、試験の概況...

↓社労士試験に役立つ情報はコチラからもどうぞ↓